nature’s diary

日々感じていること・ボディートーク療法・身体と心の話・素敵な情報を皆さまにお伝えします。

ハグ。

今朝も恒例のハグをして夫を送り出しました。

ノロケる訳ではないですが、お互いに今日も1日頑張ろうねという挨拶の様な感じで毎朝ハグをしています。

でも今日のハグは何か不思議な感じがしました。

 

私の夫は、仕事で毎日忙しい人です。

なので、健康面や精神的にもきっと大きな負担やストレスがあるだろうと思っています。

私自身、仕事がキツくて辛い時期があったので、夫と職種は違うものの少しはその大変さを理解しているつもりで、自分なりに夫を支えないと、と思ってやってきたところがあります。

ここ最近は、朝なのに疲れている様子の夫に、心の中で「頑張って!私のパワーを分けてあげる!」とイメージしながらずっと夫にハグをしていました。

 

でも、今日のハグは本当に不思議な感じがしたのです。

『一人で頑張らなくていいよ。一緒に頑張ろうね。』という風に私が言われている様な一体感がありました。

その後もあの感覚は何だったのだろうと、思いを巡らせていると、幾つか気付いたことがありました。

 

まず毎回「私のパワーを分けてあげる」という風に思っていたという事は、その反面私はずっと夫に対して忙しくて大変な人、可哀想な人として見ていた事に気付きました。

そして、そんな夫を支える為に、私が家のことを頑張らないと、私がしっかりしないといけないと自分を追い込んでいた事にも気付きました。

毎日好きなことをやっている私ですが、仕事に子育て、家事と私にも苦しいこと、辛いこともあり、それを我慢していたところがあったのです。

私は、夫に頼らない様にしなければいけないと、勝手に思っていたのでしょう。

 

でも、今朝のハグで、「一人で頑張らなくていいよ。一緒に頑張ろうよ。」と言って貰えた様な感覚になったのは、きっと自分に向けられていたプレッシャーへの解放だったのだと感じています。

私は夫の為にと無意識に思っていた事でしたが、それが逆に自分へのプレッシャーとなっていたとは気付きませんでした。

 

まだ、夫がどんな気持ちで今朝ハグをしていたのかを聞いていませんが、バレンタインデーの次の日ともあって、私に感謝の気持ちでハグをしてくれていたのかな?なんて考えています。

 

 

人は、自分に厳しくなりがちです。

それは優しさの裏返しでもありますが、やっぱり程々に。

自分の心地よい応援をしていきたいなと思いました。

支え、支えられるという関係は、エネルギーの交換が一方的で、関係性が離れてしまっている様に感じます。

 決して自分一人が支えている訳ではなく、相手からも色々な形で支えられている事を忘れてはいけないな、辛ければ辛いと相手に甘えることも大切だなと思った出来事でした。

そう考えた方が、自分も楽になる気がします。

 

みなさんは、自分に厳しい事をしていませんか? 

 

 

 

 

 

 

共鳴し合える友人。

いつも会うと、それまでの間に学んだこと、気付いたことをシェアする友達がいる。

彼女は、私と同じことに興味があり、どこか私に似ているところがある不思議な人だ。

 

最近、彼女は二人目の子供を出産した。

元々とても活発な子だけど、さすがに今までのように外へも出られないし、子育ても大変な時期だし、どう過ごしていたのかなと思っていたら、何の事はない、話始めたら止まらない程の気付きを得て彼女は成長していた。

 

時間を見付けては本やネットでも色々勉強していただろうし、二人目の赤ちゃんの子育てからも色々なことを学んでいたようだった。

人は、どんな境遇や環境だろうとも、自分がやりたいこと好きなことは出来るものなんだなと思った、強い好奇心さえあれば。

 

そして、暫く会っておらず、各々好きなことをしながら色んな経験をしていたのだけど、話してみたら、違った形で同じことを感じていたり、気付いていたり・・・。

お互いの話す言葉に頷き続けていた。

 

あー、また欲しかった答えを彼女から教えてもらった。

あー、私が感じたモヤモヤを具体的な言葉に変換してもらった。

そんな感じだった。

 

私にとってとても貴重な人だ。

そんな友人に巡り会えたことが本当に凄いことだなと思う。

 

そして、自分の考えや感情や思いを人に話すという事はとても大切な行為だと改めて思った。

もっと人と話そう!

もっと自分の内を話そう!

もっと自分の思いをシェアしよう!

その輪が重なり合って、大きな輪になり、自分の想像以上の素晴らしい答えに出会えると思う。

 

友人に感謝。

素晴らしい時間ありがとう!

 

 

 

 

 

息子が教えてくれたこと。

今朝、息子が『ウンチとオシッコ出たよー』と夫に言った。

5歳の息子は、勿論ひとりでトイレへも行けるし、お尻も拭ける。

でも、あえて夫に言った。

 

夫は、仕事で帰りが遅い。

子供たちが寝静まってからの帰宅だ。

なので、子供たちと触れ合える時間は、朝のひと時だけ。

 

夫は息子の言葉に、「自分で出来るでしょ」と何を今更言っているのかという調子だった。

その後も諦めず叫び続ける息子。

 

その時私は察した。

息子は、お父さんに甘えたいんだ。

お父さんと関わりたいんだ。

しかもお尻を拭くというちょっと恥ずかしい行為をお父さんにして欲しいんだ。

 

仲介に入るように「かずくんは、お父さんとあまり一緒にいれないから甘えたいんだよね。」と私が言うと、息子はニヤリと笑いました。

 

日々忙しくて、子供たちには極力自分で出来ることは自分でして欲しいと思ってしまいますが、その一見面倒に思える子供たちの行動に、私たちへの愛が含まれているとしたら・・・。

何か、勘違いして、見落としている気持ちや笑顔があるのではと思ってしまいました。

 

そして、これは子供以外の人にも言えることのように思います。

日々交わしている言葉や行為に「え!?」と思うようなことがあった時、その裏にある愛を見ているだろうか。

説明や言葉が足りなくて、すれ違っていることは沢山あるように思います。

 

どうして?なんで?そこに愛を持って見てみると、意外な思いを感じる事が出来るかもしれません。

そんなことを息子から教わった朝の出来事でした。

 

 

天命と私。

先日受けた講座で、『天命』という言葉を聞きました。

天命・・・身に備わって、変えようにも変えられない運命。

と辞書にはありました。

何かとても凄い事のように感じますが・・・

私たちがどういう訳か引力のように惹き付けられてしまう、好きでやり甲斐を感じながらやっている事、そのものの可能性を感じ、信じている事などを自分だけに留めず、自分の周りの人々にも共有、提供して、沢山の方々の人生に影響を与えること、みたいなことかな〜と思っています。

きっとこれは、私たちがこの世に生まれて来た意味であり、一人一人が持ってこの世に生まれているのだと思います。

 

私は、自分の好きなことをやっていますが、そこまでのスケールで自分の仕事や自分の天命について考えて来なかったなと今回考えさせられました。

 

そして、天命は決して一つではないようにも感じています。

人には、幾つもの役割があります。

私ならば、一人の女性として、妻として、母親として、娘として、施術士として・・・

もしかしたら、もっとあるかもしれません。

その中で自分が一つ一つの顔に、与えられたことへの意味を見出し行動したら、何かが大きく変わるように感じています。

 

せっかくこの世に与えられた命、人生ですから、楽しく日々感動しながら生きていきたいものですね。

 そして、それは自分で作り出すことが出来ます。

 

今回自分の天命に触れるきっかけが出来て良かったなと思います。

 

皆さんは天命を感じていますか?

 

 

 

怖いは、気になるの裏返し。

昨日は、ボディートーク体験会・ナチュールの日でした。
お越し頂いた皆さま、本当にありがとうございました!

 

ボディートークは、なかなか言葉では伝えきれない療法です。
やってみて、体験してみて、実感出来る事が沢山あります。
また、その反応も人それぞれです。
施術をしている私でさえも、常に新しい発見を一緒に体験させて頂いています。

 

何だか分からないけど、気になるボディートーク…。
一体これは何なのだろう…。

今回もボディートークをして貰う事が怖いとおっしゃっていた体験者の方がいました。

最初はこれが自然な反応だと思います。

なので、昨日勇気を出して、その分からないものに挑戦して下さった皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです!
そして、それぞれの方がボディートークで色々なことを感じて下さって良かったなぁと思っています。

 

これからもそんな疑問や不安にゆっくりお答えしていきたいなぁと思います。

次回は、3月29日に予定しています。
ご興味のある皆さま、ご参加お待ちしてます(*´∀`*)ノ
HP:http://www.bodytalk-nature.com

 


f:id:yoshikoyamamoto1126:20180207093010j:image