nature’s diary

ボディートーク療法・身体と心の話・素敵な情報を皆さまにお伝えします。

プレッシャー。

私は、結構プレッシャーに弱い。

子供の頃は、大きな出来事の前には、いつも食欲がなくなり、気持ちが落ち着かず、実力以上、いや実力さえも発揮できずに悔しい思いを何度となくしてきた。

失敗もたくさんある。

 

先日聴いたラジオ番組でリスナーからのプレッシャーに関する質問に木村拓哉が答えていた。

質問の内容は、プレッシャーによって体調を壊してしまうこともあるのですが、プレッシャーへの対策や気持ちの持ち方を教えて欲しいというようなものだった。

その答えは、とても彼らしいなと思うものだった。

プレッシャーは乗り越えるものではない。当然あるものだから付き合う。うぃっす!元気?って感じで。遠ざけたり、触れないようにしたり、嫌な存在にしない方が良いと思うよ。と言うような答えだった。

その声はとても軽やかで、肩の力が抜けていた。

今まで第一戦で活躍し、色々な困難を乗り越えて来たであろう彼らしい答えだと思った。

 

もっと若い時に知りたかったなぁ。

子供の頃の私に教えてあげたい。

 

プレッシャー、失敗、緊張、こういう感覚はとても敬遠されがちで、出来れば感じたくないものと思ってしまう。

特に若い時は、そういうことを感じる場面が多く、そこで沢山のつまずき、挫折を味わうことになる。それが人生の勉強なのかもしれないが...。

でも、意外とこれがないと私たちは進化出来ないし、前にも進めないし、人生がとてもつまらないものになってしまうようにも思う。

私もまだまだ臆病なところがあってプレッシャーとうまく付き合っているとは言えないが、今回の話を聞いて何かもっと突き抜けられそうだなぁと思えた。

 

勝ち負けではなく、プレッシャーと付き合う。

 

きっとこれは自分と、内と向き合うことなのだろう。

自分の見たくない部分と向き合うこと、自分の弱さを受け入れて、プレッシャーと一緒にどうしていくのか考える。

 

ん〜、素敵な考え方だと思う。

情報。

今、ひと昔前と比べて、本当に情報が手に入り安くなりました。

テレビやラジオ、新聞、雑誌などの媒体に加え、皆さんもお使いになっている携帯電話の進歩で、FacebookInstagramTwitter、ネットニュース、その他多岐にわたるSNSの機能で、いつでもどこでも好きな情報を手に入れられるようになりました。

これは今後も増え続けるように思います。

そして、その情報の発信元もどんどん個人化、世界化していて、ちょっとした出来事や偶然目撃したことをSNSで発信するだけで重要な情報になったり、世界で起こっていることなどもタイムリーに国境を超えて見たり聞いたりすることが出来ます。

このことで今までは一つの出来事に対して、一方的に受け取ってきた情報を、色々な人々が色々な角度で複数の情報を発信することができ、また受け取る側も情報の信憑性や意図などを読み取ることが出来る環境になってきました。

 

そんな中、情報の信憑性への不信感や混乱が起きているように感じています。

情報にコントロールされているのでは?

どの情報が本当で正しいのか?

この情報の意図とは何なのか?

それは情報操作と言う言葉があるように、複数の情報が手に入る今なので、昔のように一方的に印象付けられてきたものが、実はそうではなかったと言うことに、みんなが気付き始めたということが大きいように思います。

また、情報に対する私たちの目や感覚が鋭くなっているのかもしれません。

 

今後は、ますます作られた情報は叩かれ廃れていき、リアルで本物の発信だけが残っていくように思います。

そして、情報を発信、受け取る私たちのスタンスや関わり方が今後問われていくように感じます。

 

私は最近情報との距離感や使い方を見直してみたいと思っています。

皆さんは、情報と良い付き合い方出来ていますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございました。

今日は、川口リリアでイベントがありました。
沢山の方に足を運んで頂き、また私のブースに足を止めて頂き、本当にありがとうございました。

この写真は、一緒に出店してくれたボディートーカーの仲間が撮ってくれた写真。
真面目にやってますよ〜...。
f:id:yoshikoyamamoto1126:20170615214859j:plain



f:id:yoshikoyamamoto1126:20170616145629j:plain


毎回そうですが、イベントはほぼ初対面の方とお会いしセッションをやらせて頂くので、私の予想を超えるとても興味深く、奥深いセッションを体験させて頂きます。
とても短い時間ですが、私自身の学び、良い経験になっています。

まだまだ認知度の低いボディートークですが、少しでもその魅力を沢山の方に広められたらと思います。

また、来月もイベントに出店しますし、今月も体験会を開催しますので、是非ご参加ください!

イベント詳細。

Nature

仲間。

今日は明日のイベントの打ち合わせを兼ねて、うちにボディートーク仲間が集まりました。

明日のイベント詳細は、こちら。

news - Nature


それぞれが、今出来る形でボディートークをやり、沢山の方々に魅力をお伝えする為、活動に励んでいます!

日々お客様と関わり、お話をさせて頂くことで私自身得ることは沢山あります。
沢山あるのですがその反面、孤独な作業もあり、個人で活動していると行き詰まったり、色々なことを背負い過ぎてしまうことも時々あります。
そんな時、こうして会って悩みや重りを共有することは、私にとってとても大切な時間であり、同じ道を歩む仲間の存在はとても大きいなと感じます。


そんな今日の集まりの話の中で、私の初歩的な知識の無さと言うか、素人か!と言うようなことが発覚・・・
私のホームページに「お客様の声」のような、ボディートークの良さを実感して頂いたお客様からの声をお伝えするものが無かったのです。
沢山の方々に、素敵なコメントを頂いていたのにも関わらず。
ありゃりゃ・・・。
なので、早々にホームページに加えたいと思います。

こんな私なので、やはり仲間の存在は必要だと、ひしひしと感じた次第です。


何かをする時、何かを続ける時、そんな時仲間の声が、自分に気付きを与え、新しい風を感じさせてくれ、重い気持ちを軽くしてくれます。
とても有り難いことです。
一人より二人。二人より三人。
仲間の存在に感謝です。
ありがとう。
f:id:yoshikoyamamoto1126:20170614213252j:plain

見えないものの存在。

皆さんは、『魂』と聞いてどんなイメージが浮かびますか?

非現実的、非科学的、目に見えないもの、スピリチュアル的、輪廻転生、カルマ、死後の状態、ワンネス、心、神様、等など...

辞書で調べると、「身体に宿って心の動きを司るもの」と書かれています。

私たちは、魂と言う言葉はあっても、それが一体なんなのか、全く分かっておらず、とても現実味のないふわっとした存在として捉えています。

私自身、仕事でボディートークと言うエネルギー療法をしていて、目に見えないものが身体に及ぼす影響や身体にどれだけの機能を果たしているか理解しているつもりでした。

でも、この本を読んで、私の中でまだ物質的なものとそうでないものを区別していることに気付かされました。

目に見えないものを区別する考え方はもう古いのかもしれません。

 

今回、私に気付きを与えてくれた本はこれです。 

あなたの運命は「意識」で変わる

あなたの運命は「意識」で変わる

 

 

この中では、魂の存在を肯定し、さらに魂が私たちの感情や心は勿論のこと、体内の働き、細胞分裂にまで関わっていると書かれています。

魂は、見えないだけで、身体と同じ扱いをするべきものであるようです。

 

私たちは、目で確認できないものは、無でありスピリチュアルなものと、どこか別の次元、世界のものとして捉えてきました。

しかし、私たちの世界や身体の詳細は、解明していないことの方が遥かに多く、また目に見えないものの力であると説明することで矛盾なく道理が通るものも多くあります。

それを解明するだけの技術がないのか、はたまた、私たち人間のような生き物が解明すに及ばない程の規模のものなのか、確信はあってもなかなかその信憑性を見出すことは出来ません。

 

この本の多くの実例や考察を読んで、私は切り離していた魂の存在をより近くに感じ、決して特別な存在ではなく、命があること=魂の存在と言うとてもシンプルで重要なことに気付けたように思います。

本の内容は、私にとってとても難しいものでしたが、感覚的に本能的に腑に落ち、納得しているのをとても感じ、固定観念で凝り固まった脳が理解するのに時間を要していました。

 

身体、肉体と同じように魂、目に見えない力を感じ、そこへ意識を向けることは、より自分自身に繋がり、多くの解決方法を見出せると思います。

 

まだまだ、私の頭は硬いな〜と思いながら、でもこう言うブレイクスルーは楽しいな〜とひと皮剥けて軽やかになった気持ちになれました。

 私にこの本を勧めてくれた友人に感謝します。

ありがとう。