nature’s diary

ボディートーク療法・身体と心の話・素敵な情報を皆さまにお伝えします。

久米さん。

先週、金スマという番組のゲストに、黒柳徹子さん、久米宏さんが出演されていました。

内容は、久米さんが出版された本『久米宏です』の副題「ニュースステーションは、ザ・ベストテンだった」を掘り下げたものでした。

久米さんは大人気だった歌番組ザ・ベストテンを降板され、1978年から18年半報道番組・ニュースステーションでキャスターを務められました。

当時、堅苦しく、分かりづらかった報道番組のイメージを久米さんは大きく変化させました。

そのニュースステーションでは、歌番組ザ・ベストテンでのノウハウがとても生かされたそうです。

ザ・ベストテンは、その当時でもぶっ飛んだ演出と徹子さんと久米さんの絶妙なテンポ良いトークが目玉でした。

歌手が新幹線のホームや飛行機から降りてタラップ下で歌ったり、ファンの家や歌手の実家前で歌ったりするなどのスリルある演出は、今のテレビでは考えられません。

また、若者が沢山観ている歌番組、徹子さんと久米さんは、もっと日本や海外で起こっていることにも関心を持って欲しいとその日その時起こっている事件や出来事を番組中の会話に意図的に散りばめていたそうです。

そんな経緯もあり、常々報道番組は未来を担う若者たちが見るべきだと考えていた久米さんは、中学生でも分かるニュース作りを念頭に報道番組の大改革をしたのです。

今の報道番組では当たり前になった、模型、政治家の人形、フリップなどを使った分かりやすい解説や事件事故の現場とスタジオを繋ぎ臨場感ある情報を伝えてもらう生中継などは、この番組から生まれたと言います。

次々と偉業を成し遂げ、視聴率が悪いことが当たり前だった報道番組を興味を持って観てもらえる番組にまで作り上げました。

そして久米さんが、18年半、4795回務め続けた番組の最終回に視聴者ヘ向けて語ったメッセージがとても印象的でした。

 

民間放送は、原則としてスポンサーがないと成立しない...そう考えると民間放送というのは脆弱で弱くて危険なものなんですけど...

でも僕、民間放送が大好きというか、愛していると言ってもいいんです。

何故かというと、日本の民間放送は全て戦後に生まれました。

日本の民間放送、民放は、戦争を知りません。

国民を戦争に向かってミスリードしたという過去がないんです。

これからもそういう過去がないことを祈っています。』

2004年に久米さんが話されたメッセージが、何と無く今の日本社会、世界情勢にマッチし過ぎていて、鳥肌が立ちました。

 

この後のトークで、今のテレビの在り方について聞かれると、

徹子さんは『私はテレビは正直であるべきだと思っています』

久米さんは『信念に基づいて発言しないとね』と話していました。

 テレビの成長をまさにその現場で目撃しながら、テレビと共に歩まれて来たお二人の発言が、どこか今のテレビや報道の在り方に警鐘を鳴らしているようにも聞こえました。

忖度、偏向報道、印象操作などの言葉をよく耳にした今年。

今テレビや報道の在り方が、作る側、観る側にも問われているように思います。

久米さんは、今のテレビ業界に、もっと生放送の番組を増やすべきだと仰っていました。

生放送が主流だった昔のテレビの内容には、 今ではあり得ないというか、やる事すらはばかれる内容も沢山ありますが、そこには人間らしさ、作り手の一生懸命さ、出演者の素の表情がにじみ出ていたことは確かです。

キレイに潔癖になり過ぎた今のテレビは、どれだけその人間臭さ、リアルさを取り戻せるのかが、テレビの未来を明るくする鍵のように感じます。

 

私ももちろんテレビ世代。

テレビ離れが叫ばれる今の状況に寂しさを感じます。

昔のような活気溢れるテレビの面白さを取り戻して欲しいと思う今日この頃です。

希望を持ってくる人。

以前、私が主催したイベントで、胎内記憶のことについてお話頂いた宮崎トミーさんから素敵なお誘いがありました。

トミーさんのご友人のStrong Wings さん、YUUKA さんご夫妻のセッションのお誘いでした。

お二人はチャネリングを通してその時に必要なメッセージを沢山の方に伝えています。

チャネリング…高次の霊的存在、超越的存在と情報交換が出来る能力。

前にご友人のセッションのことを聞いたことがあり、ずっと興味があったので、今回念願叶ってご対面させて頂きました。

 

少し緊張していた私でしたが、柔らかい空気に包まれたお二人に笑顔で迎えて頂き、一気に気持ちがリラックスしました。

そして、セッションが始まると柔らかい雰囲気に包まれながらも、メッセージを私にしっかりと伝えたい、届けたいというとても力強い気持ちがお二人から感じられました。

その沢山のメッセージから特に強調して繰り返し言って頂いた言葉にとても驚きました。

 

「よしこさんは、輝いてみんなの希望になって下さい」

 

私を言葉で表すと『希望を持ってくる人』なのだそうです。

その言葉を聞いて素直に嬉しかった。

今まで人に元気になって貰うためには、人を癒すにはどうしたら良いのか、と考えて自分なりにやってきましたが、私が明るく輝くことで、それが周りの人に希望を与える事が出来る、そんな応援の仕方があるなんて…。

私には全く無かった発想でした。

満開のさくらのように、自分の花を咲かせることで、観ている人が気持ちを高められる、癒される、元気になる、そんな存在になれるんだ。

 

きっとこれは、私だけのメッセージではなく、沢山の人にも共通することだと思います。

人が好きなことに、やりたいことに、向き合い行動している姿は、誰もが感動し、勇気を貰います。

それはどんな小さなことでもいい。

ロウソクの火の様に、一人一人が出来ることの灯りをともし、照らし合えば大きな光になります。

そんな風に希望が伝染していったら良いなと感じました。

 

本当に素晴らしい考え方を教えてくれStrong Wings さん 、 YUUKA さんに感謝です。

 

 

 

 

素直になれない時。

たまに素直になれず、想いとは逆の事を相手にしてしまうことがあります。

最初は、私は悪くない!こんな風にされて当然だ!と自分を正当化するのですが、全然気持ち良くない…。

暫くすると、自分の小ささに自己嫌悪してしまう。

でも、でもでも、これって本当は相手のことを大好きな証拠で、好きな人に対して、「私があなたを想っている事を分かって欲しい」という気持ちの裏返しなんですよね。

その表現を少し間違えているだけで。

だから相手に対する表現は間違っているけど、まず相手を想った自分を褒めてあげたいなと思います。

そしてこの世には勝ち負けや優劣はなく、相手の生き方を尊重し、相手の素晴らしい所に目を向ける余裕と心の深さを持ちたいと思いました。

近くにいる人ほど、私に必要な事を教えてくれます。

私にそんなことを気付かせてくれた夫に(言っちゃった、笑)感謝です。

お金のいらない国。

最近、友人の勧めで『お金のいらない国』という長島龍人さんが書かれた本を読みました。

 

話は、お金の存在しない国に1人の男性が迷い込むところから始まります。

飲食店でコーヒーを飲んでもタダ、スーパーで買い物をしてもタダ・・・

しかし、その国の秩序は、お金の存在する私たちの世界よりも保たれ、みんなが幸せに暮らしている。

男性は、彼をナビゲートしてくれるその不思議な国に暮らす男性によって、お金とは何か、本当の幸せとは何かを学んでいきます。

 

不思議な国の男性が言った言葉にハッとさせられる場面が沢山ありました。

『要するにあなたの国では、お金というものがないと、人々が欲望をコントロール出来ないというわけですか』

『あなたの国では、そのお金というものを動かさなければならないために、ものすごい時間と労力のロスをしている気がします。言い替えれば、不必要なもののために、無駄な仕事を増やしているということです。』

『お金というものは、ものの価値をみんなが共通して認識するためのモノサシでしかないわけです。』

『そのお金というものを得ることが仕事の目的だと多くの人が思っているうちは、あなたの国の、本当の意味での進歩はないでしょうね。』

 

これはほんの一部です。

これ以外にも沢山のメッセージがこの本には散りばめられています。

 

お金はこの世界を生きる為の道具でありそれ以上でもそれ以下でもありませんが、私たちはお金にモノサシ以上の価値を付け過ぎ、苦しんだり振り回されたりします。

とても厄介です。

 

でもその一方、新しい価値観も生まれています。

自分の好きなことを仕事とする考え方、沢山のものを所有するのではなく大好きなものを大切に必要最低限で暮らす生活、素敵な夢に賛同しお金を支払うクラウドファンディング

そこにある本質は、自分を、家族を、近くの人を、地域の人を、国の人を、世界の人を、それぞれができる範囲で幸せにすること、喜んでもらうこと、楽しむことに生きがいを感じながら生きることのように思います。

そう生きることが本当は大切なんだとこの本から気付かせてもらいました。

全ての人が、本当に好きで好きで選んだことを生き生きとやっていたら、本当はお金なんていらないのかもしれません。

いつかお金がなくても全てのことに価値があることを認め、それを分かち合える世界になったら・・・と。

そんな夢のようなことが少しづつ広がったらなと思います。

 

皆さんにとってのお金って何ですか?

 

お母さん、大好き!

先月、胎内記憶、中間性記憶のことを扱った映画『かみさまとのやくそく』、またそれにまつわるお話を宮崎トミーさんにして頂くイベントを開きました。

来て頂いた参加者の方の中でも、お子様が胎内記憶をお話になられる方、以前話していたような気がするけど、それが胎内記憶だったなんて!と驚かれている方もいらっしゃいました。

 

私は3年ほど前に胎内記憶のことを知り、当時4歳の息子がその記憶を話す時が来るのか、密かに待っていました。

そしてその時が来たことを以前このような形で残していました。

 

nature-blog.hatenablog.com

nature-blog.hatenablog.com

nature-blog.hatenablog.com

 

それから約一年が経ち、息子もその後特に話すことはなかったのですが、先月私がこのイベントの準備を始めると、またポロポロと話し始めたのです。

 

空の上には学校があって、(生まれ変わる性別で)男の子クラスと女の子クラスがあった。

どんな人になりたいか(生まれ変わりたいか)色々な人間(全て)が載っている本を読んで考えた。

お空では、みんな青い光の玉。

どうして男の子で生まれたの?の問いに、赤ちゃんを産むのが大変そうだったから。はるちゃん(妹)は大変だね、赤ちゃん産まなきゃいけないから(笑)

お空でお友達だった人に今会えている?の問いに、はるちゃん(妹)だけ。

お母さんのお腹の中から外は見えるの?の問いに、見えるよ、おへそから。病院もマンションも見えたし、お父さんも見えてお仕事行く時にバイバイした。

こんな凄い話が話が聞けました。驚きです!

 

胎内記憶は全ての子どもが話すわけではなく、あえて話さない子、忘れてくることで他の学びをする子それぞれで、そこにも子ども達が決めたメッセージが隠れています。

ただ、親がこのことを知っていることで、こどもとの関わりは大きく変わると思っています。

私にとっては、息子がその記憶を話してくれたことで、今回のイベントへの意識を更に高めてくれました。

 

そして、もう一人。

最近2歳の娘がいつも『お母さん、大好き!』と言って、ぎゅーっとハグをしてくれます!

子ども達はお母さんを選び、お母さんに幸せになって貰う為に暫くお母さんに愛情を注ぎ続けます。

この娘の行為もきっとその一つなのだと思うと、2歳でも出来ることをしてくれているだな〜と幸せな気持ちになります。

 

少し知っているだけで、ちょっと視点を変えるだけで、劇的に親子の関係は変わるものだなと実感する毎日です。