nature’s diary

ボディートーク療法・身体と心の話・素敵な情報を皆さまにお伝えします。

志し。

「志しを高く持とう!」学生の時からよく耳にしていた言葉。

志しを高く持つ、素晴らしい事だとは思っていたが、でもどこか崇高で能力の高い人の為の言葉であって、自分には関係のない事のように思っていた。

 

そんな中、まさしくこういう人を志しの高い人と言うのだろうと思わせる人を観た。

自分の権力を振りかざすでもなく、私利私欲の為に動いているのでもない、只々みんなの為に動いた結果であることが言葉の端々に感じ取れた。

そして自分が動き、活動することで、その先で何が変わり、何に役立ち、何を助けられるのか...その具体的なビジョンを約10年もの間持ち続けたと言う事実に、私はとても心を動かされた。

 

志しは、誰でも持つ事は出来る。規模や影響力の大きさは問題ではない。

どれだけその夢を切望しているのかと言う事の表現だ。

でも、それは決して自分の為に働くものではないことも同時に強く感じた。

自分以外のものの為だからこそ、自ずと志しは高く設定され、活動していく中で自分の想像以上の力やサプライズをもたらしてくれるのだと思う。

そして「何の為にどうしたいのか」がしっかり確立していないと、志しなんてものは直ぐに折れてしまい、自分の傷を舐めるだけに留まってしまう。

どれだけの思いを傾け、その思いを貫き、現実に向かっていけるのか、それは手元を見ているだけではダメで、先の先、広い次元を見据えて考えなければならないことなのだと思う。

 

私は、ボディートークで何が出来るのか。

志しを見直す必要があるように、その方を観て思った。

 

イベント出店のご案内。

不安定なお天気が続いていますが、皆さんお元気にされていますか?

さて、来週のイベントのご案内です。

梅雨のモヤモヤをイベントでスッキリさせて下さい!

皆様のお越しをお待ちしています!

FB:川口ママフェスタ2017夏~ママもこどももにこにこフェスタ~

 

夏休み中もサロンをオープンしています。

お子様連れでも体験できますので、是非お気軽にお越し下さい。

只今初回割引キャンペーン実施中です!

まだボディートークを体験されたことのない方!ぜひこの機会にご利用ください。

詳細は、HPをご覧下さい。

HP:Nature

体験会。

昨日は、浦和でボディートーク仲間と体験会を開かせて頂きました。

足を運んで下さった皆さま、ありがとうございました!

 

ご参加下さった方にボディートークを知ったきっかけをお伺いすると、知人、ご友人の方からお話をお聞きになり、興味があってお越しになられたそうです。

少しづつではありますが、ボディートークが広がっている感じを受け、とても嬉しい気持ちになりました。

 

参加された方それぞれに短い時間ですが、セッションをさせて頂きました。

ボディートークの面白さを楽しまれたり、驚いたり、身体や心のメッセージに深い気付きがあったりと、様々な時間を過ごされたように思います。

 

体験会は、ボディートークの説明と短いセッションをさせて頂きます。

サロンやセッションルームを訪れることにハードルがある方や、ちょっとお手軽に試してみたい方には、とてもちょうど良いイベントかと思います。

 

今後も体験会を企画していく予定ですので、是非ご利用ください。

BodyTalkSalonナチュールのホームページにも随時アップしていきたいと思っております。

 

貴重な時間と、出会いに感謝の1日でした。

ありがとうございました。

空間。

私が、BodyTalkSalonナチュールを自宅で始めて二ヶ月が経ちました。

 

沢山の方にお越し頂き、アンケートを通して、ボディートークのことは勿論ですが、サロンやセッションルームの居心地のこともお伺いしています。

殆どの皆さんに気に入って頂けているようで嬉しい限りです。 

 

私のサロンのコンセプトは、ホームページでもお伝えしていますが、『皆さまの身体と心の変化に寄り添い、自由で、守られた場所』です。

クライアントさんが、身心ともにゆったりとくつろぎ、内観できる空間づくりも大切な仕事の一つとして捉えています。

 

 居心地の良さ、落ち着く空間というのは、人それぞれだと思います。

何を優先し、何を控えるのか。

それは、空間、その場を作る人の趣味趣向によって異なりますが、きっとそこには色々な思いや伝えたいことなど、その先にお客様、クライアントさんがいるのだと思います。

 

私のサロンは自宅でやっていますが、生活感を感じさせる物や視覚に入る物自体もあまり置いていません。

そして癒しの場所によく流れているBGMもあえて流していません。

クライアントさんにこの場だけは、何にも拘束されず、シンプルに自分の体と心だけに目を向けて欲しいという思いからです。

なので、あれこれ色々提供したいところを、削ぎ落として、必要なもにだけ残しました。

BGMのない空間で話をしていると、時々生まれる沈黙があります。

それにバツの悪さを感じたり、居心地の悪さを感じる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、私はその沈黙、間から、自分自身の心の動きや感情の変化を感じ、色々なものが整理されているような気がしています。

あえて『無』にすることで生まれるものがあり、それを味わうことも悪くないように思います。

 

でも、これが完成形ではなく、私の空間づくりも変化していくのだと思います。

 

未来の私は、どこで、どんな空間で、どんな風にセッションをしているのか。

楽しみにしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

人は、人によって磨かれる。

小林麻央さんが、お亡くなりになりました。

 

今まで闘病中の様子をテレビで拝見していて、勿論お身体が辛そうな様子は見て取れましたが、以前麻央さんがコメントされていた『病気の色だけに支配されることはやめました』という言葉通り、その中でも病に焦点を合わせるのではなく、日々の何気ない日常にある小さな幸せ、喜びに目を向け、精一杯大切に限られた命の時間を全うされたんだなと感じています。

病になった自分だからこそ出来ることを率先して発信し、相手を思いやる心を常に伝え続けた麻央さん。

身体は病に冒されていたかもしれませんが、麻央さんがされて来たこと、心や気持ちはは決して病に負けることなく、輝き続けていたように思います。

 

そして、そこにはご家族の方々の関わりも大きかったように思います。

麻央さんが勿論ご家族に助けたれたことは沢山あったと思いますが、海老蔵さんのお話を聞いていると、ご家族もまた麻央さんから沢山の学びを頂いている。

海老蔵さんのお話から、『麻央は僕を変えた奥さん』という言葉がとても印象的でした。

 

ご縁があって、人生を共にする人。

私たちは、愛し愛され、ぶつかり合い許し、慈しみ思われ、そんなことを繰り返し、魂を磨きあっているのだなと麻央さんと海老蔵さんご夫婦を拝見して改めて気付かされました。

麻央さんの若さから、まだまだやりたかったこと、してあげたかったこと、山ほどあったと思います。

でも、きっと麻央さんの魂は透明で美しい水晶のように磨き上げられ、ピカピカになられたんだと思います。

 

今日、日本中の方々が、悲しみは勿論ですが、それ以上に『愛』というもの考えたのではないでしょうか。

麻央さん、沢山の方に、大切なものを残してくださってありがとうございました。