nature’s diary

ボディートーク療法・身体と心の話・素敵な情報を皆さまにお伝えします。

ボディートークって何?

ご紹介したい番組。

今回は、皆さんにある番組をご紹介したいと思います。 もう放送日が明日になりますが、9月30日、21時から放送予定の『NHKスペシャル・シリーズ人体』です。 これは全8回のシリーズで、番組の司会がタモリさんとノーベル生理学医学賞を受賞した山中伸弥さんと…

エネルギーとしての自分たち。

久しぶりに、新しい知識を学んできました。 ボディートークのテクニックに《マトリックス力学》というものがあります。 私たち自身を小さな単位にしていくとエネルギーの塊として存在しています。 なので日々目には見えないエネルギーレベルで、自分の環境や…

5月のイベント出店ご案内 & 6月のご予約始まりました。

お洗濯もはかどり、自然と外に出掛けたくなる陽気が続いていますね。 GWも終わり、頭の中もいつものモードに戻りつつあります。 皆様に5月・6月のご案内をさせて頂きます。 ご興味がありましたら、是非この機会にボディートークをお試しください! ⭐︎5月のイ…

メンテナンスしてきました。

今日は自分の為のメンテナンスデーでした。 自分の為にボディートークセッションを受けて来ました。4月から本格的に自宅サロンを始める予定で、今色々な準備をしているのですが、それに当たってとても有意義なピンポイントなセッションをして頂きました。 …

『恐れ』とうまく付き合いたい。

昨日ボディートークのセッションをして頂きました。 初めて外国人の方のセッションを受けてきました。 BOOさんは、なんと14歳の時にボディートークと出会い、体が持っている知恵に直接働きかけるボディートークの概念に魅了され、現在カナダのブリティッシ…

子どもにもボディートーク!part3

前回は、妊娠中の私とボディートークの話をさせて頂きました。 今回は、妊娠中の娘とボディートークに関してお話ししたいと思います。 妊娠中にお腹の赤ちゃんの体調や気持ちを知ることが出来たらどんなに助かるだろうと思いますよね。 当時私はそんなことは…

こどもにもボディートーク!part2

前回は、私が子どもたちにボディートークを日頃どのように使っているのかをお伝えしました。 nature-blog.hatenablog.com 今回は、私が妊娠中にボディートークをして良かったことをお伝えしたいと思います。 実は、私は下の娘を妊娠中にボディートーク施術士…

子どもにもボディートーク!part1

ボディートーク療法は、赤ちゃんからご高齢の方、妊娠中の方にも安心して受けて頂ける身体に負担のない療法です。我が家には現在1歳と4歳の子どもがおりますが、毎日転んだり、どこかにぶつかったりと、 予想の出来ない動きをするので生傷が絶えません… 私は…

ボディートークってどこで学べるの?

ボディートークをしてもらっていると、もっとボディートークのことを知りたいなぁと思う方は少なくありません。どこで習うんですか?と聞かれることも多いです。ボディートークは、全国で習えます!ボディートークをちょっと覗いてみたいという方から、私の…

ボディートークって、どんな効果があるの?

今日は、ボディートークは何に効果があるのかをお話したいと思います。ボディートークをして効果が認められた症状は、こちらです。頭痛、肩こり、腰痛、不眠、慢性疲労、アレルギー全般、アトピー、ウィルス性疾患(慢性及び急性)、感染症、内臓/内分泌障害…

<身体に聞く>とはどういうこと?

ボディートークでは自然治癒力を高めるために、不調な箇所や原因を<身体に聞く> と言う表現を使うことがあります。 詳しい施術内容は、こちらをご覧ください。 nature-blog.hatenablog.com では、<身体に聞く>とはどういうことなのでしょう? 『自然治癒力…

ボディートークの考え方。

今日は、ボディートークが人間をどう捉えてアプローチしているのかをお伝えしようと思います。 ズバリ、『人間は機械のような部品の集まりではない!』と言う捉え方です。 人間は身体、心、精神、感情、意識が一体となった心身複合体です。 機械の部品交換の…

ボディートークって、どんなことするの?

今日は、ボディートークの施術内容をお伝えしようと思います。 ざっくりお話すると… ・リラックスした状態で行います。 ベットに横になって頂いたり、椅子などに座って頂きます。クライアントさんは、ただそれだけです。 何もする必要がありません。 ・施術…

ボディートークって、どこから来たの?

今日は、ボディートークがどこからやって来たのかお伝えしようと思います。 ボディートークは、アメリカからやって来ました! このボディートーク療法の創設者は、この方。 隣は、私です…(^-^;Dr.ジョン・ヴェルトハイムです。 私たちは、ジョン先生と呼んで…