nature’s diary

ボディートーク療法・身体と心の話・素敵な情報を皆さまにお伝えします。

夫。

 

私には、2歳年上の夫がいます。

家では温厚であまり怒ることもなく、こだわりも特にないので、割と私が主導権を握っているような感じですが、仕事となるとちょっと違います。

自分自身にも厳しいですが、人にも厳しい…

そして、仕事に関しては、私にも厳しい…

 

先日、サロンや仕事の進め方を相談した途端、夫の目の色が変わりました。

きっと私の仕事に対する甘さがあったのかもしれませんが、ストレートな意見を沢山貰ってちょっと心が折れました…。

 しかし、その後少し意識が変わり、やってみたい事や改善出来るところなど色々と出てきたので、夫に感謝しないといけませんね。

 

皆さんはどうか分かりませんが、私、ズバリ正論や痛いところを突かれると、何か自分を否定されたように感じて、意固地になってしまうことがよくあります。

でも、それは自分の受け取り方次第なのかもしれませんね。

自分の大切なものを磨く為には、色々な意見を客観的に受け取る度量があった方がいいし、新しい展開を臨むのであれば、握りしめている古い考えを捨てる勇気も必要なのかもしれません。

 

そんなことを教わったなぁと、 ふと夫を見るとテレビを観て笑っています。

何でしょう、このギャップ…。