nature’s diary

日々感じていること・ボディートーク療法・身体と心の話・素敵な情報を皆さまにお伝えします。

父。

父は、この2月で70歳を迎えました。

歳の節目は、自然と今までを振り返る機会を与えてくれます。

 

 

父と私。

 

子どもの頃は、仕事が忙しく、家にいることはあまり無かった様に思います。

思春期になればますます話す機会は無くなり、母から色々と聞いていた様でした。

けれど、どんなに仕事で夜遅く帰宅しても、次の日の朝は学校へ行く私たちと一緒に朝食を共にしていました。

家族との触れ合いが少ない事を父も自覚していて、それが唯一父がやろうと決めていたことなのでしょう。

そして、夏休みや冬休みの長期の休みには、色々と旅行へ連れて行ってくれ、観光名所や世界遺産、自然の中でのキャンプや山登り、スキーや海水浴など、沢山の経験をさせてくれました。

 

私も大人になり、子どもを持って親になり、父や母の苦労も知る歳になりました。

子どもの頃の嫌な記憶も、親の立場で考えてみると理解できることも沢山あります。

そして、私の記憶の解釈も変わって行く。

 

歳を取れば取るほど、今では父の偉大さを感じるこの頃です。

父があと何年元気でいてくれるのかは分かりませんが、父がどんな人生を送り生きてきたのか。

何をいつも思いながらここまで来たのか。

そんな父の歴史を知っておかなければならない様に思っています。

 

それは、父の遺伝子を持つ私の一部を知ることにも繋がる様に思います。

恥ずかしさもありますが、ゆっくり話してみたいなと思います。