nature’s diary

日々感じていること・ボディートーク療法・身体と心の話・素敵な情報を皆さまにお伝えします。

体は凄い。

先日、NHKスペシャル「人体」が、最終回を迎えました。

遅ればせながら、私も見終えたところです。

 

全てのシリーズに共通していたことそれは、体は部分部分、臓器などが個々で働いているのではなく、体全体が密にコミュニケーションを取り、機能が、健康が保たれているということでした。

なので、どこかが痛い、症状や病気になったとしても、体全体を診ないと原因は分からないと言うことです。

西洋医学が大きく変わり始めていることに、とても大きな可能性を感じました。

そして、東洋医学代替医療がしてきた事、視点が、その可能性をもっと伸ばしてくれるようにも思っています。

 

真っ新な状態で生まれてきた私たちが、病気になる。

それは、遺伝子、細胞レベルで何かの異常が起きているわけですが、その異常が起きる過程には、個々人それぞれの思考や感情が大きく関わっていると思っています。

体のメッセージも勿論ですが、精神、感情のメッセージも同時に診ていく必要があると思いますし、体の機能と精神は切っても切り離すことのできないものだと思います。

 

日本の死亡原因1位のガン。

ガンは、私たちの正常な細胞が何らかの異常を起こし、ガン細胞となり、ただ目的もなく増殖する細胞へと変化してしまったものです。

ゲストの樹木希林さんが「まるで今の地球上に住む私たち人間のよう。何がしたいかも分からず、ただ欲しい欲しいと言っている」と仰っているのがとても印象的でした。

元々正常だった細胞が、なぜ増えるだけの目的もない細胞へと変わってしまったのか。

そこに、日本人の私たちが抱える意識が大きく関わっているような気がします。

 

病気は、一見私たちを支配し、苦しめ、辛い境地に追い詰める悪者のように見てしまいますが、ガンのように元を正せば、自分の正常な細胞です。

勿論、病を治すことが大切で、優先されるべき事ですが、そもそも何が体をそう変化させたのか、何を訴えたくてそう変化したのか、そこをじっくり見つめることも同時に必要な気がしています。

 

シリーズ最後にタモリさんは、「人間、産まれて生きているだけで、もの凄いことをすでに成し遂げている。そう思えば、全てにゆとりと感謝が生まれる」と仰っていました。

このシリーズで、体の中で起こっている事がどれだけ奇跡的で、巧妙で、人間の脳でも再現でいない程の神秘的なものなのかを再認識させて頂きました。

私たちは、体をコントロールしていると言うおごりを捨て、私たちに合わせて計り知れない働きをしている体に感謝しなければならないと思います。

体と心の声に耳を傾け歩む事が出来たら、結果自分の幸福へと繋がるように感じています。

私たちは、計り知れない大きな力に生かされている。

全てに良し悪しはなく、全て自分で選んでいる。

そのことを体が表現し私たちに見せてくれているように感じた時間でした。

素晴らし番組をありがとう。