nature’s diary

日々感じていること・ボディートーク療法・身体と心の話・素敵な情報を皆さまにお伝えします。

冬至に祈りを。

冬至

夜明け前、オレンジ色に煌々と光る満月間近の月に感動しながら、早朝の首里城公園内の会場へ。

この祈りのイベントの為に、全国から500人以上の女性たちが集まりました。

風の音、鳥のさえずり、土の匂い、芝生の感触、朝の澄んだ空気。

祈りは、夜明け前の静かな時間から始まり、日の出、冬至点と時間が過ぎて行きました。
みんなで祈るその様子は、女性の柔らかいエネルギーに包まれ、朝日が会場に指す頃には、みんな清々しい顔をしていて、幸福感で満たされていました。

祈るって凄いエネルギーだなぁ。
遙か昔の人々が日常的にしていた祈りが、脈々と続き今も残っている。
その意味に何となく触れられた気がしました。

自分に、家族に、自分の先祖に、自分から繋がる命に、地球に想いを送る。
全てが一つであり、自分はそこに生かされている事をとても強く感じたのと同時に、この流れが永遠に続くようにという思いも湧き上がりました。

そして、あらためて今自分を突き動かす感覚を大切に、その時その時の自分を素直に生きていきたいなぁと思った素晴らしい時間でした。


f:id:yoshikoyamamoto1126:20181226155155j:image