nature’s diary

日々感じていること・ボディートーク療法・身体と心の話・素敵な情報を皆さまにお伝えします。

適材適所。

職場の業務に適材適所があるように、家事にも適材適所はあるなぁと思う。

写真は、夫が作った夕食。
私が言うのもなんですが、夫の料理は見た目も味も美味しいです。
子どもは正直ですね…。
露骨に私と夫の作った料理へのリアクションが違うので驚きます(-ω-;)

私は、特に料理を作ることへの執着がなく、出来るものなら誰かに作って貰ったご飯を食べたい派です。
なので最近は、夫が休みの日はほとんど食事を作って貰っています。
夫は、食べること、作ることが好きなようで(こだわりも強いですが…)なので、今日は何を作ろうかなぁ~と楽しそうにスーパーへ食材を買いに行き、真剣に料理をしているので幸せそうです。
そういう人が作った方が当たり前ですが、料理のクオリティーも高いし、食べるみんなも幸せ。

家事は、夫がやった方がうまく回ることもある。
と言うか、シェアした方が楽しいし、家族の一体感が出るように思います。
それぞれのご家庭でも色々旦那さんの特技があるんでしょうかね~。
そう言えば、友人の旦那さんは、皿洗いが好きだと言っていたなぁ~。

何はともあれ、私の願いは一つ。
夫には美味しいご飯を今後も作り続けて貰い、そしていつか役割が逆転しないかと密かに企んでいます(^-^;)
f:id:yoshikoyamamoto1126:20181030010244j:image


f:id:yoshikoyamamoto1126:20181030010304j:image